お知らせ

ホーム > お知らせ > Shop×Office×Apartment=Complex  -太子堂COMPLEX-

Shop×Office×Apartment=Complex  -太子堂COMPLEX-

2009年03月13日

募集条件はこちら (内覧は随時受け付けております。)

照会先:03-3470-1951  開発事業部 牧薗 

土日祝日又はメールご希望の方はこちらへ)

<太子堂COMPLEXのご紹介>

なるほど、住みたい街ランキングにその名を冠するだけあって三軒茶屋は独特な熱気に包まれている。

Shopを例にとってみても、懐かしさ溢れる店から隠れ家的なおしゃれな店までさまざまで、この街で目に飛び込んでくるレトロモダンな風景は万華鏡のようにくるりくるりとその表情を変え、奥深い魅力をたたえているのだ。

そんな懐深いこの街に新しい彩りを添えるべく、太子堂COMPLEXが創られた。   

 
taishido-gaikan2.jpg
ここ太子堂COMPLEXは、東西で異なるアクセントを持っている。 

日曜午後には歩行者天国にもなる茶沢通り側は、1~2階がメゾネットの店舗、3階が事務所仕様となっており、黒を基調としたクールなファサードはこの通りの新しいアイコンとなった。

フロア毎に凹凸感をもたせたガラス壁は、昼間は空の碧をたたえ、夜はテナントの個性溢れる顔を浮かび上がらせることだろう。

taishido-jimusyo2.jpgのサムネール画像のサムネール画像
taishido-tenpo1F.jpg

 

 

 

 

 

茶沢通りに面した1階~2階の店舗は内階段による2層タイプ。表から想像するよりも奥行きのある広いスペースの間取りのため、客席も十分に確保できる。

そして東側、静かな住宅街に面する住居エントランスは、スタイリッシュに白で統一しながらも、居心地のよい雰囲気を漂わせている。

taishido-jyukyo3.jpg
東側2~3階は1フロア1戸のデザイナーズ住戸で、プライベートもしっかり確保。ゆったりとしたガラス張り浴室は、センスあるくつろぎの空間となっている

また、洗練された白い室内にはココア色のフローリングを合わせることによって、温かみがプラスされた。大きな窓は三軒茶屋の空を広々と切り取っており、ワンルームでありながらも飽きのこない印象をもつ、ひとつのcomplex(複合的空間とでもいおうか。)となっているのではなかろうか。

地下1階は東西広く空間利用を狙った店舗仕様。広々としたドライエリアと茶沢通りへと上がるガラス越しの階段が、地下1階の居心地の良さをアップさせていることは疑いないだろう。 

TAISHIDO-B1.jpgのサムネール画像
3階は明るく都会的なオフィス。

渋谷の中心よりも三軒茶屋の商店街というエリアの選択はクリエイティブな感性を大切にしたいというニーズに応えてくれるだろう。

 
taishido-3Fjimusyo-1.jpg
 
 
屋上に設けられた駐輪場。都心に居ながらこんなに広い空が、ここには確かにあるのだ。

taishido-okujyo1.jpgのサムネール画像
 

一覧へ戻る