お問い合わせ

SCROLL

Align your Purpose

目的に応じた設計デザイン

個性的なデザインがいいのか、万人向けのデザインにするのか、それは建物の目的に応じて選択する必要があります。

建築コストとのバランスは?

個性的デザインは、往々にして特殊な部材や工法によるコストアップにつながる傾向にあります。
一方、万人向けデザインは規格品を使ってローコストにしやすい半面、いいデザインに仕上げるにはセンスが問われます。

Works1

Apolan Jiyugaoka

Read More





Property Management Included

管理もできる設計会社

私たちは中小賃貸ビルの設計実績が豊富なだけでなくビルの運用管理まで長くお手伝いしてきました。

35年を超える経験と実績

特に賃貸ビル経営は新築から建て替えまで数十年以上の超長期の事業になるため、最初の設計がいつ、どんな形で、 成功と失敗の分かれ道につながるのか、実際に長期的なビル管理の経験があるからこそ、わかるのです。

Works2

COCOSPACE Ebisu

Read More

      



Hybrid Design

「組織系」や「アトリエ系」とは?

大規模建築まで手掛ける「組織系」と呼ばれるような大手設計事務所や、「アトリエ系」と呼ばれる個性的なデザインで人気のある有名設計事務所等は、 それぞれが目指す設計方針や営業戦略が異なるため過去の建築実績分野にも違いがあり、大企業だから全ての規模や用途のビル設計も得意とか積極的とは限りません。

ハイブリッド設計とは?

例えば、商業ビルであれば、通りの中で目を引く外観デザインを追求し、同時に建築費やメンテナンスコストとのバランスを考慮した設計が必要です。
見た目のデザインも事業収支も、必要に応じて柔軟な設計を行えるような、言わば、組織系とアトリエ系設計事務所の双方の強みを持った「ハイブリッド設計」こそが私達が目指す設計フィロソフィーです。

Works3

VIA Harajuku

Read More



Philosophy

シンプルな機能美設計

賃貸ビルではコストコントロールによる事業収支と見た目のバランスをとったデザインが大切です。
賃貸ビルでは装飾は一切しないのでなく必要な範囲での効果的な装飾も含めたデザインが私たちが追求する機能美の考え方です。

  • PROFIT PLAN事業収支
  • VISUAL DESIGN見た目のデザイン

Design Process

  • 適確な市場調査
  • テナント想定と構成
  • 賃貸区画の適正規模
  • 賃貸に適した諸設備
  • 長期事業収支計画
  • コンセプト策定
  • デザイン決定
  • 着工後は工事監理
  • 竣工後は管理受託可能

Multi-directional Design

多岐にわたる設計サポートの領域

アドバンスの設計部は新築ビル以外にも、中古ビルのコンバージョン(用途変更)やリノベーション、大規模修繕までサポートしています。
また、企画プランニングや工事監理を行い設計は他社にお任せするようなアレンジメント・コンサルティングも可能です。

店舗からホテルまで

35年を超える実績の中では、店舗、オフィス、レジデンス、マルチ用途のコンプレックスビルまで、主要なビル用途の殆どの設計実績とノウハウの蓄積があります。
基本的には首都圏を中心としたエリアですが、規模が大きい旅館等、事案によっては首都圏以外でも対応させて頂く場合もございますので、ご相談下さい。

The flow of service

サービスの流れ
各フローの詳細説明ブログへリンクしています。
       

serviceInquiry

お問い合わせ・ご相談

お電話はもちろん、インターネットからのお問い合わせもお待ちしています。
土地利用・建築計画に関するご要望等をお伺いします。
建物の新築だけでなく大規模修繕やリノベーション、コンバージョン等についてもお気軽にご相談下さい。

一級建築士事務所

株式会社アドバンス・シティ・プランニング

お問合せ

 

 

 

 

C+ONE

C+ONEは不動産投資、管理、設計、大規模修繕など不動産に関する総合情報コラムです。
C+ONEとは「基本にもう一つの何かを加える="ノウハウ"」を表現しています。