投稿日:2021年06月07日

ビル管理のお悩み【清掃編】

カテゴリビル管理

ビル管理の清掃に関するよくあるお悩みと解決のヒントとなるご提案をご覧いただけます

→ダウンロード:ビル管理についての資料(無料)

【原因と解決策】

屋上のドレンの詰まりは、泥や埃汚れ、鳥の糞や植物の種子などが原因です。
定期的なメンテナンス回数を増やしたり、梅雨や台風時期に清掃を実施することがおすすめです。

【特別なメンテナンス作業】

詰まり除去作業や、梅雨や台風時期に関わらず天気予報にあわせて清掃作業を実施するのがよいでしょう。

【トラブルが繰り返される場合は】

配管状況を確認の上、ドレンを改修することをおすすめします。

【原因と解決策】

汚れや石の種類によって、適した処理が異なります。 例えば黒っぽい汚れは油汚れ、白っぽい汚れは石灰灰汁汚れ(白華現象)の可能性が高いです。清掃の定期回数を増やしたり、汚損の原因を調査するのがおすすめです。

【特別なメンテナンス作業】

石材と汚れの種類を調査し、界面活性剤・酸・アルカリ洗浄・染み抜き・研磨など適した清掃処理を実施するのがよいでしょう。

【トラブルが繰り返される場合は】

メンテナンスのしやすい石材や、利用する場所に適した石材へ張り替えることをおすすめします。

【原因と解決策】

黒っぽい汚れは油汚れ、白っぽい汚れは石灰灰汁汚れ(白華現象)の可能性が高いです。清掃の定期回数を増やしたり、汚損の原因を調査するのがおすすめです。

【特別なメンテナンス作業】

石材と汚れの種類を調査し、界面活性剤・酸・アルカリ洗浄・染み抜き・研磨など適した清掃処理を実施するのがよいでしょう。

【トラブルが繰り返される場合は】

塗装し直すことをお勧めします。

【原因と解決策】

作業員の身体的な作業範囲により異なります。 清掃の定期回数を増やすだけではなく、適した作業道具を工夫することで改善が見られるでしょう。

【特別なメンテナンス作業】

ローリングタワー等の簡易足場を設置し作業することをお勧めします。 ローリングタワーは組み立て式の足場のことで、梯子などがかけづらい高所に適しています。

【トラブルが繰り返される場合は】

汚れにくくするための防汚処理を施したり、自浄作用のある素材に変更することをお勧めします。

【原因と解決策】

エントランスの汚れは吹き込みや、埃汚れが主な原因で、入居者の動線によっても汚れ方が異なります。 清掃の定期回数を増やしたり、エントランスの状況によって異なる汚損原因を調査することをお勧めします。

【特別なメンテナンス作業】

汚染原因にあわせ、界面活性剤・酸・アルカリ洗浄・染み抜き・研磨など適した清掃処理を実施するのがよいでしょう。

【トラブルが繰り返される場合は】

適したエントランスマットに変更したり、エントランスマットのメンテナンス方法を見直すのがよいでしょう。 エントランスは建物の第一印象を与える大切な場所にあたります。 清掃だけでは難しい場合は、思い切ってエントランスの意匠デザインをリニューアルすることをお勧めします。

【原因と解決策】

入居者や搬入搬出業者が原因であることが多いです。 清掃の定期回数を増やしたり、メンテナスの仕様を変更することをお勧めします。 例えばマットをレンタルにしてしまった方が、結果的にコストがかからない場合もあります。

【トラブルが繰り返される場合は】

床のマットや養生マットを見直してみることをお勧めします。 またエレベーターの意匠デザインそのものをリニューアルしてみるのもよいでしょう。

【原因と解決策】

入居者や搬入搬出業者が原因であることが多いです。 清掃の定期回数を増やしたり、メンテナスの仕様を変更することをお勧めします。

【特別なメンテナンス作業】

汚れ具合に応じて仕上がりの優れたウェットクリーニングを実施することをお勧めします。

【トラブルが繰り返される場合は】

入居者の動線を調査し、動線へマットを設置するのがよいでしょう。 清掃をしても汚れが目立つような場合は、カーペットの張り替えをお勧めします。

【原因と解決策】

経年劣化はもちろん、入居者や来訪者のマナーによっても異なります。 清掃回数を増やしたり、清掃のやり方を見直すことをお勧めします。

【トラブルが繰り返される場合は】

特に経年劣化の場合は、衛生陶器の交換リニューアルを実施するのがよいでしょう。

【原因と解決策】

経年劣化や、入居者や搬出業者の取り扱いにより異なることがあります。 汚れやすい部分のため、汚れが気になる場合は清掃作業の回数を増やすのがよいでしょう。

【特別なメンテナンス作業】

汚れの種類によっても適した清掃の仕方が異なるため、汚れを調査し界面活性剤・酸・アルカリ洗浄・染み抜き・研磨など適した清掃処理を実施するのがよいでしょう。

【トラブルが繰り返される場合は】

汚れをつきづらくする防汚塗装を施したり、ダストボックスを見直すのもよいでしょう。

【原因と解決策】

汚れやタイルの種類によって、適した処理が異なります。 例えば黒っぽい汚れは油汚れ、白っぽい汚れは石灰灰汁汚れ(白華現象)の可能性が高いです。清掃の定期回数を増やしたり、汚損の原因を調査するのがおすすめです。

【特別なメンテナンス作業】

汚れの種類によっても適した清掃の仕方が異なるため、汚れを調査し界面活性剤・酸・アルカリ洗浄・染み抜き・研磨など適した清掃処理を実施するのがよいでしょう。

【トラブルが繰り返される場合は】

汚れにくいタイルなどに張り替えることもお勧めします。

【原因と解決策】

外壁の雨だれ汚れは水切り不良や、シール材など材質の劣化が原因であることが多いです。 定期清掃の回数を増加させることで改善される場合があります。

【特別なメンテナンス作業】

トラブルが起きやすい箇所に防汚処理を施したり、自浄作用のある素材に変更するのがよいでしょう。水切りが悪いところに水切りを設置したり、シール打替えで効果がある場合もあります。原因によって異なるので調査し適した処理をすることをお勧めします。

【トラブルが繰り返される場合は】

汚れにくいタイルなどに張り替えることもお勧めします。

お悩みは解決されましたでしょうか。
上記にないお悩みや、お悩みが解決されない場合はお気軽にお問い合わせください。

この記事の監修

網代 淳一
(株)アドバンス・シティ・プランニング 管理本部部長
建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

 

→ ビル管理に関してご相談・お問い合わせを行う

「ビル管理」についての内容を図解入りで詳しくまとめております!

ビル管理資料ダウンロードボタン