投稿日:2022年02月24日 更新日:2022年02月24日

【実例紹介】ビルリノベーション│ニーズに応じて必要な箇所を改修

カテゴリ不動産有効活用・ビル開発

  • 設備
  • 管理会社

ビルのリノベーションというと、1棟まるごとやフロア全体をイメージされることが多いと思います。今回ご紹介するのはフロアの一部分を必要な箇所だけ改修することで、使い勝手が良くなり明るくスタイリッシュに生まれ変わった事例です。

リノベーション後事例

住居フロアの一部屋を事務所に

オーナー様はオフィスビルの最上階を住居フロアとしてご使用でしたが、その一部屋をご自分の事務所にされたいとのご要望でした。
腰窓下部分の収納や神棚は残し、床をフローリング調に変更。床の色味に合わせたブラインドにすることで明るく、温かみにある事務所になりました。

ビルリノベーション事例

オフィスフロアの給湯室・トイレを男女別のトイレに

オフィスフロアをスクールとして使用することになり、給湯室と男女共用のトイレを男女別のトイレに変更することになりました。
特に女性目線を意識した大きな鏡や、スペースを広くとった化粧スペースは使い勝手とデザイン性を両立しています。ペーパーホルダーは人気ブランドのKEYUKAを展開するカワジュンのもの。化粧台の人工大理石は耐久性に優れたハイグレードのものを採用し、明るく清潔感あふれる空間になりました。さらにセンサー式自動水栓のお湯の出るタイプにすることで、コロナ禍にあってより衛生面に対する配慮を重視した仕様としています。

トイレへ改修イメージ1image_4F02-1

まとめ

いかがだったでしょうか。大規模なリノベーションではなくても、フロアの一部分を改修することで機能性やイメージアップにつながるリノベーションをご紹介しました。アドバンス・シティ・プランニングでは設計事務所を原点とした総合管理会社として、様々な規模や用途のご提案が可能です。お困りごとやご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらの記事を読んだ方はこちらもお勧め。あわせてご覧ください。
ビルオーナーになられる方が最初に知るべきたったひとつのこととは?

株式会社アドバンス・シティ・プランニングでは一級建築士事務所として創業し、現在も多数の建築士が在籍しております。
また都内を中心に幅広いエリアで管理業務を展開しており、400棟を超える実績がございます。
設計から管理までトータルでサポートできることが強みである「株式会社アドバンス・シティ・プランニング」に相談してみませんか?
株式会社アドバンス・シティ・プランニング公式サイト

この記事の監修

網代 淳一
(株)アドバンス・シティ・プランニング 管理本部部長
建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

 

 

→ ビル管理に関してご相談・お問い合わせを行う

空室募集の重要な営業ツールとなり得る「マイソク」について実践的に学べる資料となります。

新規CTA

ビル管理資料ダウンロードボタン